TonyaEXPO~gifu&take~ 日本の陣
2018.07.15.16開催!!

TonyaEXPO~gifu&take~ 日本の陣

甦ろう!問屋町!僕らの手で!
新たな問屋町の価値を創造しよう

戦国時代において、「西の都=京都(公家)」と「東の都市=鎌倉(武家)」を結び物流の要所であった美濃(岐阜)。
岐阜では織田信長により楽市楽座が開かれ、人々で賑わっていました。

戦後、何も無い焼け野原から
岐阜の問屋街は東京、大阪と肩を並べる繊維産業のまちと言われるほどに発展しました。
この町で働くために、商売をするために日本中から人が物が金が岐阜に集まり
楽市楽座が開かれていた時代のような賑わいをみせていました。

そして現在、、、
社会状況の変化により、問屋街は残念ながら衰退。
その衰退は今なお続いています。

『美濃を制す者は天下を制す』
もう一度、東西から人や物や文化が交わる賑わいのあるまちを
かつての賑わいを知る人たちと、未来の問屋街を担う人たちと
同じ思いの市民の皆さまの力添えをいただき
僕らの手で!新たな問屋町の価値を創造しよう! 
この『Tonya EXPO』で二度目の復興を目指します。

DETAILS開催概要

名称
TonyaEXPO~gifu&take~ 日本の陣
開催
2018年7月15日(日)・2018年7月16日(月)
会場
岐阜駅前問屋町一帯
住所
〒500-8845 岐阜県岐阜市問屋町
主催
TonyaEXPO実行委員会
共催
マネdeキン実行委員会 / 株式会社将矢 / 一般社団法人全日本アーティストグッズ協会



TONYA EXPO~gifu&take~ 世界の陣 2018.2.10-2.11 はこちら  

Accessアクセス

googlemapGoogle Mapで見る

CONTACTお問い合わせ

各項目を入力していただき、
入力が終わりましたら入力内容の
確認ボタンを押してください。
のついた項目は必須入力です

氏名
フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
お問い合わせ内容